<< リペア ファイル その678 | main | リペア ファイル その680 >>
2020.09.07 Monday

リペア ファイル その679

0

    YAMAHA No.85 ヤマハ クラシックギター /  ペグ交換・ナット交換・駒(ブリッジ)接着・サドル作製

     

    1960年代製作と思われるヤマハのクラシックギター。昔ギタマン(ギター・マンドリンクラブ)で活躍していた叔母様が持っていたギターを甥っ子の依頼主がリボーン(reborn)/再生を希望されました。

      

    駒が外れて失われておりナットもガタがきていました。それでもタッピングトーンが乾いて澄んでいたので、このままでは忍びなく再生されようとした のでした。

     

    昔のクラギのペグの軸間隔は35ミリ以下のものが多く、通常のクラシックギター3連ペグが装着できないのでセパレートタイプのペグを取り付けます。

      

    こんなケースでは”キクタニ”販売のペグを選ぶことが多いです。(3連ペグのネジ穴は埋め木しておきます)

     

    駒が取れてしまった痕に新品の駒をあてがい、弦長と弦幅の位置を確認して接着準備をします。

      

    クランプするため裏側に”当て木”を必要ですが、クラギの力木はいろんなパターンがあるのでそれに合わせた”当て木”を毎回作製することになります。(力木をまたぐようにカットがはいっている)

     

    接着。

      

    サドルも新規に作製します。

     

    弦高は12Fで1弦2ミリ・6弦3.5ミリと低めにしてあります。(通常は12Fで1弦2.5ミリ・6弦4.5ミリ)

     

    溝がルーズなので古いナットを新しいものに交換しました。

      

    なぜか〄JISマークが刻印されています。ギターにも”工業規格”なるものがあったのですね・・・

     

    ヤマハのロゴも至ってシンプル。

      

    表板はスプルース。サイド&バックはメイプル(楓)。すべて単板仕様です。この時代はサイド&バックはローズではなくメイプルであるものをよく見かけます。私の推測では恐らくバイオリン材を流用しているからだと思います。

     

    指板をはじめ全体の汚れを落としバフで磨けば可愛いギターとなって復活しました。とても涼やかで気持ちのいい音でした。

      

     

    クラシックギター修理 インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=648

    -----------------------------------------

    スマートフォンでご覧の方は、

    トップページの『menu』をクリックしてください。

    ほかのページもご覧頂けます。

     

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  

    または080-2660-2284

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

     

    Shop:スモークド乾燥処理済み『エピフォン・テキサン』¥ 89,800

     

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

     

      

     FC2 Blog

     

     

     

    #ギター修理#修理専門店#リペア・カスタム@9notes guitars#custom #guitar#Remodeling guiter#リペア

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM