<< Fender Japan 62-58US (USED)モディファイ Modify・レリック マルチレイヤードVol.2の販売 | main | リペア ファイル その657 >>
2020.05.28 Thursday

リペア ファイル その656

0

    Epifhone Shinichi Ubukata ES335 / ネック折れ接着・タッチアップ塗装

     

    エピフォンの”生形真一シグネーチャーモデル” ESー335。生方氏は”ELLEGARDEN”〜”Nothing’s Carved In Stone”のフロンマンでありギタリストですね。彼を地元で行われるフェス『中津川ソーラーブドーカン』で観ていますが熱烈なファンが多いと感じました。

    生方氏にはカリスマ性がありますね。(それゆえシグネーチャーが販売がされるのか)

     

    ネックがヒビが入り「ネック折れ」状態でした。ギブソンの335のヘッドはネック一体型ですが廉価版のエピフォンでは”継ぎネック”なのでそこにヒビが入ったのです。

      

    今回は接着剤を注ぎ圧着することで元の状態に戻すことにしました(補強材なしで大丈夫と判断)。

     

    ヒビ断面の面積が広く、これならば接着剤だけで十分な強度が出ます。

      

    目違いを取るため一部生地が出てしまったので部分塗装(タッチアップ塗装)しました。

     

    トレードマークの”髑髏マーク”を残して仕上げてあります。

      

    塗装〜サンディング〜バフで元通りのブラックビューティーになりました。

     

    ヘッドはやや大振り。

      

    ピックガードにはEpifhone”E”の頭文字をデザイン化したものが入っています。

     

    バリトーンスイッチが付いていて多彩な音作りが可能です。

      

    おまけに”Bigsby"のトレモロまで搭載されていてカッコいい!

     

    このFホールは”ダイアモンド・シェイプ”と呼ぶそうな。細部まで生方氏のこだわりが見えました。

      

    これからもエピフォンから新たなシグネーチャーモデルが生まれる予感がします。

     

     

    ------------------------------------------------------------

    スマートフォンでご覧の方は、

    トップページの『menu』をクリックしてください。

    ほかのページもご覧頂けます。

     

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  

    または080-2660-2284

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

     

    Shop:スモークド乾燥処理済み『エピフォン・テキサン』¥ 89,800

     

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

     

      

     FC2 Blog

     

     

     

    #ギター修理#修理専門店#リペア・カスタム@9notes guitars#custom #guitar#Remodeling guiter#リペア

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM