<< リペア ファイル その606 | main | リペア ファイル その608 >>
2019.10.10 Thursday

リペア ファイル その607

0

    Orville by Gibson  レスポール  /   ポジションマーク入れ・ポジション剥がれ部接着・ブリッジサドル止ワイヤー取り付け

     

    日本製ギブソンといわれた”オービル”。出来がいいので未だに人気があります。

      

    パーツ類が廉価版なのと塗装がウレタンであるところが本家との大きな違いです。

     

    接着障害が出たポジションマークを更新します。

    ポジションマークの接着力が落ちて外れてしまったところにパテが詰めてあったので、ルーターで取り除きました。

       

    交換用に新しいセル製の”ディッシュインレイ”を用意します。

     

    指板アールに合う宛木を作り、接着剤を充填しクランプでインレイを圧着させました。

      

    外れかけていたインレイも接着剤を流し込んでクランプで固定・接着します。

     

    接着完了。

      

    指板面から飛びだしている箇所は、スクレーパーや日本製スクレーパー”刃引き”で削り取ります。

     

    その後ペーパーで仕上げてオリジナルのように復元しました。

     

    ABR-1型ブリッジのサドル止めワイヤーは紛失していました。これがないとサドルが落ちてしまいます。

      

    取り付けました。しっかりクリックしていないとビビり音の原因になるので注意。

     

    レスポールには”チェリーサンバースト”が一番似合うように思います。これが体色していくと”ハニーバースト”や”レモンバースト”になりますが、ウレタン塗装の場合そのようにうまくいくかどうか・・・

      

    持ち続けて経年変化を確かめるほかない?

     

    米国製のレスポールに手が届かない層にとって”オービル”はありがたい存在でしたね。

     

    中古市場でも本家に比べればまだまだ安い”オービル”なので、これを元手にチューンナップしてみれば本家に対抗できる個体を作ることも可能です。試してみませんか?

     

    ギブソンギター修理 インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=631

    -----------------------------------------

    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

    または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

     

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
      

     FC2 Blog

     

     

     

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM