<< リペア ファイル その600 | main | リペア ファイル その602 >>
2019.09.06 Friday

リペア ファイル その601

0

    Gibson Les Paul Classic  / フレット交換(オーバーバインディング)・ナット交換

     

    ゴールドトップのレスポール・クラシックです。この黄金色が似あう楽器はレスポールのほかないですね。

     

    低くなったフレットを交換します。refret(リフレット)です。フレットを抜いた指板面を、長手方向はストレート性を横方向はオリジナルの指板ラジアスをキープしながら修正します。

      

    レスポールはバインディングが巻いてあるので、フレット溝をきれいに仕上げるのに専用道具がいろいろ必要です。フレットタング(脚)の深さもきちんと保たれているかゲージで確認しながら進めます。

     

    一本一本丁度いい”きつさ”に調節しながら打ち込んで行きます。(オーバーバインディングなのでフレット端は処理してあります)このちょうどいい”きつさ”が弦張力に耐えるネック強度を生みます。

      

    打ち終わったらフレットピークを軽く「すり合わせ」して調整し、半丸ヤスリでピーク/山頂をつけ直してから一本一本ペーパーで磨いて仕上げます。

     

    ナットも交換しました。

      

     

    オーバーバインディングされた写真2カット。

      

     

    シングルコイルの「P−90」が搭載されています。初期のレスポールモデルですね。

      

    ゴールドトップに”スピードノブ”が映えます。(これを抜くときにうまくやらないとシャフト部分で透明な樹脂にヒビが入るので注意。ハットノブなら心配ないんだけれど・・・ソーサーノブも同じく樹脂なので注意しましょう)

     

    完成しました。

      

    昔はゴールドトップを剥がしたらものすごい虎杢が出てきたなんて話がありましたが、現行品ではそんなことはないです。トップにクラックが入って来たらさらにカッコよくなるでしょう。

     

    ギブソンギター修理 インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=631

     

    ---------------------------------------

    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

    または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

     

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
      

     FC2 Blog

     

     

     

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM