<< リペア ファイル その495 | main | リペア ファイル その497 >>
2018.11.02 Friday

リペア ファイル その496

0

    F.Mueller(フリッツ・ミュラー)8弦 / 調整・ネック塗装

     

    バッハ協会理事のギタリスト中峰秀雄先生の8弦ギターを調整させてもらいました。その先生のブログ内で『メンテナンス/調整』の意味をうまく解説されていたので、承諾を得てブログを転載させてもらいました。(なかなか一般にギター・メンテナンスの必要性が理解されないのでリペアマンとしてはありがたい内容です)

     

    -------------------------------------------------------------------------------

    F.Muellerメンテナンス

     

     

     

    ミュラーF.Mueller2010年の調整・9notesにて完了。
    8月に、飛行機持ち込み対策として、
    棹、ボデイーの脱着可能に改造していたのですが
    (よせば良いのに?やって見ないと納得しない私でした。(/^@^_)
    やはり、棹とボデイーの接合部に歪が出るのか?
    弦高が高くなりイマイチ、よろしくない??
    オリジナル状態に復元して頂きました。
    楽器のメンテナンスは、車と同じで必要ですね。
    弾きにくい、疲れやすいと感じたら?故障・調整のサイン。
    今回は、復元の他、棹の反り修正のアイロン処置と、
    弦高,鬘隠殴侫譽奪箸韮押ィ献潺蠅膨汗旭様蝓
    ミュラーのオリジナルの棹は、オイルフィニッシュでほぼ、
    生地状態だった。(これは、気に入っていたのですが)
    反り予防対策として、湿気予防に、新規に塗装もして頂きました。
    完璧にリフレッシュして、以前にも増して良い音です。
    私一番のお気に入りのG.Yulongと互角の音量・パワーになりました。
    Yulong, Mueller共に大音量ですが、それぞれ鳴り方のコンセプトが異なります。
    凄い8弦を二つ、所有している幸せを今更ながら再認識した、一日でした。
     

    中峰秀雄・新ギタリスト日記(2018/10/31からの転載)

     

    --------------------------------------------------------------

    お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM