<< リペア ファイル その489 | main | リペア ファイル その491 >>
2018.10.03 Wednesday

リペア ファイル その490

0

    オベーション・コレクターシリーズ’02 /  ブリッジ剥がれ・ビス止め補強・接着

     

    ボディの肩のところに小さなサウンドホールがあしらわれ、そこを色とりどりの木片で飾ってあります。これは「落ち葉」をモチーフにしているそうで「リーフホール」と呼ばれています。

    ブリッジ(駒)が浮いていました。それに吊られて塗装面も浮きが見られます。リーフホールが小さく遠く、サウンドホールからクランプ圧着という訳には行きません。

     

    なので、ブリッジに穴を開けてボルトで加締めることにしました。この方法はブリッジの補強として現行品でも取られています。ボルト入れて締めるときに粘度の低いエポキシ接着剤も流しこんで置きます。また塗装の断面に接着剤が浸透するようにも工夫しました。

      

     

    穴塞ぎに貝(パール)を入れてあります。

     

    裏側。ボルトナットがある部分は始めから補強されていました。その部分を狙って穴を開けています。オベーションはマーチンのようなXブレイシングでなく、伝統的なファンブレイシングを採用しています。斬新な楽器なんですが音作りは古典的と言えます。これは、創業者の嗜好だそうです。

     

    オンボードアンプはそれ自体外して電池交換できるような構造ですが、これが外しにくいんです。硬いんです。(これだけの修理依頼があるくらいです)裏蓋がありますから、そこからアンプの外の隙間から本体を押し出すことも可能です(が、ちょっとコツがいります)

      

     

    指板には12F以外ポジションマークがないですね。ネックは薄くエレキ並みです。

      

     

    杢有りメイプル合板トップ(カラーリングしてある) ボールバックの中央に裏蓋が有り配線やメンテナンスができるような仕組みです。サイド/バック一体構造なので丸く、このまま置くには安定が悪いです。ディープボウルは胴が深い分、低域がしっかり出て音に厚みがありますね。

      

     

    ラインで採ると最高なギターですが、ディープボウルは音圧もあり生音もいいです。私にはキラキラした音が宙に一直線に飛んで行くように感じます。

     

    -------------------------------------------------------

     

    お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

     

                                                                              ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM