<< リペア ファイル その486 | main | スモークド乾燥処理済み「ギブソンJ−45・Remodeling」の販売 >>
2018.09.16 Sunday

リペア ファイル その487

0

    Yokoyama Guitar SSAR-AAM  / 表板クリーニング ・ピックガード作成

     

    一部で絶大な人気があるヨコヤマギター。希少材を使っていることでも有名です。

     

    ピックガードを外した痕(両面テープがこびりついていて、傷も付いていた)が表板に残っていて、それを丁寧に剥がしてから♯1500番のペーパーで全体をサンディングしてからバフで磨いてあります。そこに新たに透明なピックガードを作製しました。はじめは塩ビ板で作ったのですが(右の写真)これだと粘着シートが薄く透けて見えて完全な透明でないのでやめて、新たにクラシックギター用の高分子ポリマー加工してある保護シートを使い作りました。それが左の写真です。これだと完全な透明です。

       

    ラルビーギターの様にエポキシ接着剤を使って透明な塩ビ板を張ることも可能ですが、表板が完全な平面でないとどうしても気泡が入っていまいます。新品の楽器でないと難しいですね。

     

    指板とブリッジにはハカランダが使われています。サイド&バックは変わったマホガニーが使われており、トップはアディロンダック・スプルースだと思われます。

       

     

    小さめのヘッドにペグは”ゴトー510”でノブは黒檀でできていました。

      

     

    モーリス出身の横山さんが作るギターはどこかしらモーリスっぽいですね。バックはアーチバックになっています。

      

     

    木工機械をうまく駆使して年間の製作本数も多いと聞く”Yokoyama Guitar”は、個人製作家とファクトリーメイドの中間のような存在だと感じました。メーカーの利点も心得ているからでしょう。

    力木はXブレイシングとラティスをブレンドした独特なものでした。全体的にフィンガーピッカー向きと言えるかな。

     

    --------------------------------------------------------

    お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

                                                                              ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM