<< リペア ファイル その468 | main | リペア ファイル その470 >>
2018.07.01 Sunday

リペア ファイル その469

0

    Mntthins  Dammann 2012 /  各種調整

     

    マティアス・ダマン Ceder Top(杉)を調整したおり、隅々まで観察したのでそのリポートをさせてもらいます(持ち主に承諾を得ています)。ダマンは世界ではじめて”ダブルトップ”のクラシックギターを完成させました(ゲルノット・ワグナーの協力による)。ダブルトップとは、表板の中にNomexハニカムコアがサンドイッチされていて強くて軽い表板材のことです。

     

    剛性と軽さを合わせ持つトップは、音量のアップ、反応速度のアップ、遠達性のアップ、ダイナミックスレンジの広さアップを実現させました。これらは現代的な演奏に求められるものでしたので、瞬く間に世界の一流クラシックギター演奏家に支持されることになります。

      

     

    また演奏性もアップされています。レイズドフィンガーボードもそのひとつであります。ハイポジションでの演奏性がよくなりました。また表板に対しての進入角度の変化が弦振動ロスを減らす効果もあり音量・音質がアップされることにもなりました。

      

    フレットは背の高いジャンボフレットが使われています。これによりフィンガリングが楽になり早いパッセージに対応しやすくなります。また音の立ち上がりがよくなりました。

     

    ヘッドのジョイントは、ハウザーなどに見られる伝統的な”継ぎ”が施されて高い木工技術を誇っています。外部・内部とも1級の技術で完成させていて優れた工芸品でもあります。ネックヒールは一本竿で継ぎなし。深くえぐれているので操作性も高いでしょう。

      

     

    ヘッドのスリットはナット側で四角く深いため弦が当たることはありません。シャーラーの最高峰の糸巻き。軸受けにはベアリングが採用されています。

      

     

    特筆すべきは表板です。下から強めのライトを当てると透けて見えます。私が多く扱う中国人製作家”クォーユロン”のものより粗めのNomexコアが採用されています。力木が当たる部分は元の材がザクられず残されている?

      

     

    駒下に縦目に対して直角に取り付ける力木はなく、代わりに高音側にパッチが2枚、低音側にバーが取り付けられています。力木はサウンドホール下からエンドに向かって垂直方向に対して少し斜めに3本平行に並んで取る付けられています。こんな力木の構造は初めて見ました。

      

     

    スペイン式のネックジョイントではなくドイツ式だと思いますが、そのネックブロックの形はこんな船の先端のような形になっています(理由はなんだろう)。またトップとサイドを繋ぐラインニング/ペオネスにはバルサ材の太くて広めのものが貼り付けられていました(表板の振動面積が狭くなるのになんでだろう。強度の問題か?)

      

     

    力木は細くて背の低いものでした。サイドはローズ/シープレスの合わせが採用されています(ラミレスみたいだな)。

      

     

    ブリッジの弦穴はダブルホール。口輪飾り(ロゼット)は細い色違い板材を何重も巻いただけのシンプルなものでした。高い技術と最新理論に裏打ちされたダマンは、演奏家だけでなく職人をも魅了します。

    日本国内ではまだまだ普及率が低い”ダブルトップ”ですが、真空管がトランジスタに置き換えられていったように、後10年でその勢力分布に変化がおこるだろうと私は考えています。

     

    クラシックギター修理 インデックス http://blog.9notes.org/?eid=648

     

    -------------------------------------------------------

     

    「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

                                                                              ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM