<< リペア ファイル その466 | main | リペア ファイル その468 >>
2018.06.23 Saturday

リペア ファイル その467

0

    ヤマハ FG-110 /  ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ・ナット交換

     

    楽器というものは、簡単に捨てられないものでいつまでも物置や押入れの隅で眠っていたりするものです。このギターもその類のものでしょう。親譲り品でした。

     

    ”赤ラベル”のFG−110です。60年代後半から70年代前半に作られましたが、ヴィンテージ感満載。オール合板ですが、直せば味のある音のギターですので 弾けるようにリペアしました。

     

    ネックの反りがひどいので弦高が高くなっていました。「アイロン矯正」で”順反り”と”仕込み角度”を修正します。次ぎにフレットを「すり合わせ」します。かなりフレットも磨耗していますが、「交換」までは求められませんので「すり合わせ」で何とかしました。

      

     

    低いフレットに各種ヤすりを駆使して山頂(ピーク)を再びつけ直します。ご覧の通りフレットも磨いてやればきれいになります。

      

     

    ナットはヘタっていたので新調しました。牛骨ブロックをピッタリの大きさに加工して、指板のアールに合わせたラインを半円のエンピツで写します。(1ミリの薄板の上にエンピツを置くと、そのラインまで上面を削ることができます)

      

     

    弦高が下がりましたが、サドルはいじっていません。(反りの修正と仕込み角度変更によって弦高が下がったことになる)

      

     

    レトロな雰囲気のヘッドとブリッジ。この角ばったラインがいいですね。サドルの6弦側の弦長補正がしっかり取られています。

      

     

    サウンドは柔らかく清々しい感じでした。OMタイプのボディですので低音側は期待できませんが、中域から高域のコード感がよく音がぶつからず通ります。たまに単音はいいがコードで音がつぶれるギターがありますが、このギターは経年変化でこなれたためかどちらも音が立っていました。

     

    -------------------------------------------------

    「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

                                                                              ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM