<< リペア ファイル その459 | main | リペア ファイル その461 >>
2018.05.24 Thursday

リペア ファイル その460

0

    ギブソン・レスポール・クラシック / ネック折れ修理(接着・タッチアップ塗装)

     

    ”チェリーレッド サンバースト”のレスポール。これが紫外線などで退色すると”レモンドロップ”になるんでしたよね?たしかそう。赤系の塗料は安定しないと言われていて、変色・退色して行きます。これはこれで面白い変化で味になります。

     

    「ネック折れ」で”亀裂”が入っています。割れ部を”接着”だけで修理することになりました。余分なところに接着剤がつかないようにマスキングしてから、粘度の違うエポキシ系接着剤 2種類を使って接着しました。

     

    エポキシ系接着剤は硬化まで時間の余裕があるので慌てず作業できますが、一度シュミレーションして工程を確認してから本番に入ります。接着後はサンディングしますので多少塗装面の色の濃い薄いができます。そこを”ぼかす”ように少し濃い目のチェリーレッドでタッチアップ(部分)塗装します。

      

     

    半艶のクリアー塗料をのっけて”使用感”のある感じで仕上げました。ヘッド表にはダメージはありませんでした。”クラシック”モデルはクルーソンのブシュタイプのペグ使用しています。

      

     

    PUはオープンタイプ。ストップテールピースの位置は、フロントボリューム・ノブの中心とテールピースの後ろのラインが重なるような位置関係です。

      

     

    『ヒスコレ』とレギュラー生産の『クラシック』では細部の忠実な表現は『ヒスコレ』に軍配が上がりますが、それでもヴィンテージ感は『クラシック』もいい線いっています。

    ’57とか’59とか元々どのモデルも仕様違いの年度別のレギュラー品でしたが、のちに評価される年度品が生まれると

    ピックアップされて、そのモデルに近づける製品が誕生するのは面白い現象ですね。

     

    関連ブログ: ギブソンギター修理 インデックス

     

    ---------------------------------------------------

    「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

                                                                               ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM