<< リペア ファイル その458 | main | リペア ファイル その460 >>
2018.05.20 Sunday

リペア ファイル その459

0

    Breedlove  Premier D / ネック簡易リセット・フレットすり合わせ・サドル調整

     

    ブリードラブのこの機種ははじめて見ました。単板モデルで全体シンプルながら要所を押さえたいいギターですね。

    弦高が高くなっていて「ネック元起き」が起っていたので「リセット」しました。

     

    ”ボルトオン”タイプなのでヒール部は簡単に外せますが、指板は接着してあります。こういうタイプの”ボルトオン”ネックはときどきあります。指板部は熱を加えて接着剤を弛めて外しました。

      

     

    仕込み角度をつけるためヒール部をわずか削って行きます。何度か「仮組み」して角度調整し最終確認してからボルトを締め、指板部は接着します。”ダブテール”ジョイントネックよりは比較的短い時間で「リセット」できますので、私はこのタイプを「簡易リセット」と呼んでおります。

      

    日本人は”ダブテールジョイント”のギターの方を好まれる傾向があります。米国人は合理主義なのかあまり気にしないと聞いております。日本人は法隆寺に代表される「宮大工」の国だから伝統的に”木組み”に安心感があるのかも知れません。音は両者に差がないと感じています。

     

    仕込み後のフレット調整の意味と一部減ってバラつきが出ていましたので「フレットすり合わせ」もします。平ヤスリでフレットピークを整えてから半丸ヤスリ・三角ヤスリを使い再び山頂(ピーク)を削り出します。

      

     

    ヤスリ傷が完全になくなるまでペーパーの番手を変えながら磨いて行って、最後は金属磨きで拭き上げます。ドットの位置が独特ですね。

      

     

    仕込角度を強めにしたのでサドルをかさ上げしました。アンダーサドルPUの上に1ミリの”ベークライト板”を敷きました。オベーションでもこれを使っていますね。

      

     

    仕上がったヒール部。

      

     

    「元起き」に対して「アイロン矯正」も考えられましたが、指板裏の補強材が薄く効果が少ないと判断し「リセット」としました。

      

     

    女性オーナー手作りのピックガードが添えられてかわいくなっていました。携帯でもスマホでもかわいく飾る能力は女性の方が高いです。自分で手を加えて愉しみながらオリジナルなモノに変えていくのは素敵なことですね。楽器業界も もっともっと女性の声を反映させて行くべきでしょう。

     

    ------------------------------------------

    「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

                                                                               ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM