<< リペア ファイル その439 | main | リペア ファイル その441 >>
2018.03.04 Sunday

リペア ファイル その440

0

    ジャンボ J−50 / フレット浮き・ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ・ナット・サドル交換

     

    ヘッドのロゴが削られていたので、最初はどこのメーカー/ブランドか解りませんでした。後で依頼者が知らせてくれて解りましたが「ジャンボ」というメーカーでした。1976年出版の「楽器の本」で調べてみるとカタログと説明文があり、信州の諏訪で”田原良平”氏が監修したメーカーのようです。

     

    フレットが浮いていたので瞬間接着剤を流しこみ圧力を掛けて締めました。

      

     

    ネックも反っていたので「アイロン矯正」して修正します。

     

    それから「フレットすり合わせ」したのですが、フレットはずい分低くなっていたのでピークを切り出すのが結構大変、三角ヤスリで先鋭な山を作り出します。後はペーパーの番手を変えながら磨き上げて行きます。

      

     

    ナットとサドルも新調します。なんとロングサドルなんですね。マーチンを模したい気持ちが伝わってきます。

      

     

    ヘッド側にロッドがありマーチンとは違いますが、ここはメンテナンスのことを考えたんでしょうか。

      

     

    ネックの反りを矯正したので、弦高も下げることができました。

      

     

    ヘッドに付き板はハカランダですね。ペグはグローバーが標準装備です。

      

     

    トップ・バック単板モデルなので”そのサウンドはいかに?”と私も楽しみでしたが、納得の音圧と豊かな余韻でジャパンヴィンテージの底力を確認した次第です。先の「楽器の本」(つい最近再販されたそうです)には、幻になってしまったほかのメーカーのラインナップも搭載されていました。「yamaki」「Three S」「Weston」「Elite」「Kansas」など今はなきブランドが懐かしいです。こういう知る人ぞ知るメーカーは、案外リサイクルの片隅で眠っているかもしれませんね。

      

     

    ------------------------------------------------

    「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

                                                                               ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM