<< リペア ファイル その324 | main | リペア ファイル その326 >>
2017.07.03 Monday

リペア ファイル その325

0

    スタインバーガー・キット 作製記 その2

     

    先回の続きです。塗装に入りました。依頼主の求める「シースルーブルー」にするため何度も確認してもらいました。(隣町の方でよかった・・・) 希望色の塗装は難しいところがあるので、基本的に当工房ではこちらの指定色のみ対応です。

     

    ラッカー塗装後、乾燥を待って”水研”(細かいペーパーを水をつけながら研磨すること)しバフで磨き上げます。キャビティー内は導電塗料を塗ってシールドしてあります。ピックアップ(PU)は”SSH”でシングルは『レースセンサー』、ハムはダンカンの『JB』が依頼主によってチョイスされました。

       

     

    組み上げる途中に加工が必要なこともしばしば起ります。この辺りがアマチュアの方は道具が揃っていなくて困られるでしょうね。1V1T/5wayの回線にUSA製の電装系パーツを用います。

      

     

    ほかの楽器から外して本体に取り付けたオリジナルの『スタインバーガー・チューナー/ブリッジ=トランストレム』。画期的なシステムですよね。これによってヘッドレスのギターが生まれるのでした。アーミングまで できるのですから最強といえます。ただ専用弦をしないといけないので弦の選定に難がありました。そこでヘッドに後付けで一般弦が使えるパーツも依頼主によって用意されました。

      

     

    ネックジョイントビス。ネットで入手した当時はビスが付属されていなくて、これに合うビスを探すところから始まりました。ネックに鬼目ナットが挿入されていてそれに対応するビスを何種類も試してみました。結局US規格のビスが合うことが解り、ネットで購入してこれに使用しました。

      

     

    『レースセンサー』はフェンダーのクラプトンモデルにも採用された”ノイズレス”PUです。シングルなのにノイズが少ないので音の輪郭がはっきりしていますね。ロゴのカラーによって音色がいろいろ選べる『レースセンサー』、依頼主がチョイスしたのがテキサスサウンドの『エメラルド』でした。

       

     

    ボディはバスウッドなのでネックの特徴がよく出た音色でした。ウッディなトーンではなく基音の上に倍音が連なっている感じで、まさに『スタインバーバー』サウンドです。「エレキの音はネックで決まる」と思わされました。

    キットを元に他のパーツを組み込んでいった今回の「組み立て」作業でしたが、手直しが多いのでほとんど「改造」でした。その結果、世界に一本だけのオリジナルギターが生まれ「ブルー・スタインバーガー」と名づけられました。

     

    -------------------------------------------------

    Please click

    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

                                                                               ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM