<< リペア ファイル その209 | main | リペア ファイル その211 >>
2016.01.16 Saturday

リペア ファイル その210

0
    マーチン・ウクレレ S−O uke / 駒はがれ・再接着・サドル整形・弦高調整

    メキシコ製のマーチンですが、オールマホガニー単板モデルです。駒がはがれてしまったので、再接着します。


    取り付け位置が決まるようにマスキングし、接着面をクリーニングします。「当て木」も作りました。
      

    ニカワで接着します。クランピングして一日置きました。・・・・ところが、クランプの圧力が均一に掛かっていなくて、駒がうまく接着されていなかった!原因は、サウンドホールと駒の位置関係にクランプの大きさが合ってないところです。クランプのフトコロ寸法がウクレレに適切なのが、当工房に用意されていません。


    そこでクランプの掛け方を工夫しました。駒の後ろ側にも「当て木」を置くことで駒に適切な圧力が掛かるように改良しました。接着材もニカワからエポキシに変更。リスク回避です。(ニカワは温度や圧力状態にシビアです。不安があるときは避けたほうが無難です)


    うまく接着できました。弦高がやや高いのでサドルを削ります。この機種は、駒と黒いカーボン(?)ミカルタ(?)タスク(?)製のサドルが一体になっており、外せません。駒上でフレット用のヤスリを使って整形しました。


    完成。弦はエンドを「結び目」を輪っかにして駒下にひっかけますが、やや切り込みが大きいので「結び目」を二重にしました。
     

    マーチのマホ製のウクレレは、ハワイのコア製のウクレレと共にウクレレのスタンダードになっていますね。ウクレレは一時のブームと見られていましたが、そうではなくハワイ発の文化の一旦として日本でも定着しています。ハワイの文化は「ハワイアンダンス」や「ハワイアン・キルト」などがあり、ウクレレもそうですが ゆったりとした時間を内包しているのが特徴だと思います。

    太平洋に浮かぶ島・ハワイ諸島。米国に帰属させられていますが、元は王国でした。位置的にはポリネシアに属し海洋民族でしょう。オキナワにも繋がるものがありますね。


    -----------------------------------------------------
    Please click
    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    Shop「アーム付きアコギ/9notes カスタム・ゼロワン」販売中

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています

    Shop「耳付き」テレキャス・ボディ材 販売


    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     
     FC2 Blog
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM