<< 依頼ギターのスモークド乾燥処理 | main | リペア ファイル その93 >>
2014.08.02 Saturday

SUNSUN椛の湖コンサート・リポート

0


    地元・中津川市の坂下町・花の湖で行われた「SUNSUN花の湖コンサート2014」に行って来ました。
    出演者は、地元バンド4組のほか 遠藤賢司、小室 等、佐藤タイジ(シアターブルック)、高田 漣、
    仲井戸“CHABO”
    麗市。

    告知・宣伝が遅かったためにお客さんの入りは、いまいちでしたが、手作り感のあるいいコンサートでした。
    地元バンド「時間」のメンバーが友人なので、その開催準備びの苦労話を聞いていましたから、天候含めこのコンサートの成功を祈っていました。(何を持って成功というのか?それは出演者とお客さんの顔を見れば明らかですね。  大成功でしょう!)

    「フォークジャンボリー」の存在を知るものにとって、中津川の花の湖は「聖地」と呼ばれます。
    岡林信康が吉田拓郎がはっぴいえんどが立ったのが、このステージです。(私は話しか知りませんが・・・)だからこそ、60年〜70年初期のフォークファンにとっては伝説の地なのです。

    それを伝えたいとの思いから、今回の運営を若い人に任せたところがあるようです。このコンサートの副題が「フォークジャンボリーを知らない子供たちへ」となっているところからも伺えます。60歳代の参加者が目立った会場でしたが、若い人にもこの気概が伝わるといいですね。その「気概」とは。

    小室等さんが正にそのものでした。現政権の政策から原発の問題をさりげなくコメントしての司会進行をしていました。この「反権力」が60年安保世代のメッセージなんでしょう。若い人がそれをそのまま受け取る必要はないでしょうが、コンサートのラストで「出発の歌」で全員の大合唱になる意味は、引き継がれていって欲しいと個人的には思いました。

    小室さんも高田渡の息子の
    漣さんをフューチャーしていましたね。高田渡へのリスペクトがそうさせるのでしょうが、このコンサートを息子へつないで行って欲しいとの親心みたいなものを感じました。高田渡さんは岐阜県が出身地だそうで、おじいさんは詩人だったそうです。高田家の岐阜県繋がりみたいなものが今後もあるかも知れません。

    漣さんは渡さんのギターを携えて来ました。12フレット以降のフレットは必要ないと指板のハイポジションにフレットがないギターです。漣さんはいいギタリストですね。一度観たいと思っていました。チャボやタイジに比べるとテクニックはないかも知れませんが、職人肌の真面目なアプローチは共感できます。チャボも彼を立てて楽しそうでした。

    こうやってアットホームな雰囲気な中、無事終了しましたが、音楽愛好家の年齢が高齢化していく問題を考える機会を得た感じです。米国のようにギターを共通項に、お年寄りはカントリー、中堅はロック・ポップ、ティーンエンジャーはヘビメタ と重層化したギターミュージックが日本に根付くかどうか、若い世代の「音楽への渇望」が答えを出すことでしょう。

    ---------------------------------------------------------------


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    Shop「スモークド乾燥済みS・ヤイリYTD−18N」販売中

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています

    3周年キャンペーン実施中
    「修理代金2万円以上では、往復送料無料」


    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     
     FC2 Blog 


     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM