2014.01.13 Monday

アコースティック・ギターの製作 その6

0
     アコギ製作 終盤です。
    塗装を終えたら水研します。これが時間が掛かります。焦ってクリアーを剥いてしまったらもう一度クリヤーの吹き直しになってしまいますから、慎重にかつ効率よく仕上げないといけません。



    東京ギターフェスで正田一光さんから、仕上げではペーパーをケチらないことを教えてもらいました。ペーパーにカスが付着したまま研磨を続けると、深い傷が付くことになります。番手を上げる時に下のペーパー跡が確実に消すためには、ペーパーを次々と代えて行くと綺麗な仕上げ面ができるそうです。

    たしかにそうでした。また効率もいいです。よく仕上がったと思って光線ぬ透かして見たら、傷が残っていた、なんてことありますから。確実にペーパー跡を消すことは大事です。

    バフで仕上げてから駒の接着です。(バフもクリヤーが十分乾燥して硬くなってからでないと艶がでないです。またバフの毛の跡も残らないように仕上げるのも難しいです。最後はコンパウンドで布で吹き上げました。)



    そしてフレットすり合せ、サドル製作・ブリッジのピン穴を開け、エンドピンの穴開け、糸巻きを取り付け、いよいよ弦を張ります。その前にナットの溝切り、これがまた焦って深く切りすぎてナットを作り直し、だなんてなりがちですからゲージを作って切りすぎないようにしています。SMDで同じようなジグが売り出されましたな。

    完成です。

    この依頼の最大の特徴であるダブル・サウンド・ホールは、ある信号を打ち消すことを目的としていますが、それはたしかに成功していました。クリヤーな音であるとは言えます。ただ少し響きの厚みも同時に消してしまっているように感じたことは残念でした。

    これを元にしてさらに改良していけばもっとよくなるはずです。素な音源を作りましたので、これに音を加えていけばいいのですから。新しい構造へのチャレンジは「イカロスの翼」です。空を高く飛びたいのです。

    ギター試作機製作でした。

    ---------------------------------------------------------------

    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    shop「スモークド乾燥済みSquier製Telecaster販売中」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています



      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     
     FC2 Blog




    2014.01.04 Saturday

    アコースティック・ギター製作 その5

    0
      新年明けましておめでとうございます。
      本年もよろしくお願いします。当ブログを読んだことにより皆様に少しでも益あれば幸いです。

      アコギ製作続きです。
      ネックを仕込みましたのでフレットを打ち込むため指板調整しています。最近は、アールが付いたブロックでなくストレートブロックを使い指板アールをつけています。昔のやり方に戻したのですが、私にはこっちの方法があってますね。

      ストレートブロックは何本も用意して♯120・♯180・♯240・♯320番のペーパーが貼り付けてあります。ストレートブロックならば手押しカンナ盤を使えば、簡単に作れますからありがたい。アール付きのブロックですと複数台持っていなくて、ペーパーの番手を代えるたびペーパーいちいち交換してましたから、ストレートブロックですと効率がアップします。

      指板アールはアール定規で確認しながら削って行きます。(大まかなアールは平カンナと台直しカンナを使います)


      フレット打ちです。今回はトラスロッドを少し締めてから緩やかな逆ゾリに指板を削ってありますので、1フレットから順に打ち込みました。

      マーチンなどトラスロッドのないネックでは6・7フレットから打ち込んだり、14フレットから打ち込んだりしてフレットタングで逆ゾリになるように打ち込むこともありますが、新作では全体を任意の設定に持ち込み易いですからリペアマンには嬉しい作業です。(リペアは固体に合わせてベストな作業を選択しなくちゃならないから、難儀なんです)


      ネックは着色と目止めを同時を施します。「とのこ」を使った自前のフィラーです。


      塗装に入りました。

      ネックはつや消しなのでマスキングしてボディにクリアーを吹き付けます。オールラッカー仕上げですので、目止め後、下地のサンディングシーラーから何度も塗装することになります。吹きつけと乾燥、サンディングによる平面出しなどの塗装作業は一ヶ月ほど掛かります。

      ウレタンですと下地作りも早くできます。乾燥も硬化剤で時間が読めます。それがラッカーですと天候に左右されるうえ、硬化しないとバフしても艶が上がってきません。

      しかしニトロセルロース・ラッカーに人気は高く、手工品はこれでないとユーザーが納得しない傾向がありますね。極薄ウレタンは厚塗りラッカーより音がいいケースもありますが、ラッカーは時間経過とともに痩せていくので、最終的には薄く仕上がるとも言えます。

      また痩せて剥げていく感じも自然ですので、終生身近に置く楽器としては最適です。ウレタンやポリは割れたり白濁したりするのでヴィンテージしにくいでしょう。ただ、最近はトップラッカーと言って、ウレタンの上にラッカークリアーが乗っかっているのもありますから、見極めるのが難しくなっています。

      ----------------------------------------------------------
      ブログ「よごれた顔でこんにちは」

      shop「スモークド乾燥済みSquier製Telecaster販売中」

      ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています



        にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
       
       FC2 Blog


      2013.12.16 Monday

      アコースティック・ギター製作 その4

      0
         アコギ製作つづき。
        今回はネック仕込みです。

        あらかた製作したネックに指板を接着しています。やや逆反りになるように貼り付けています。
        マーチンタイプですので12フレットまでのトラスロッドも仕込まれています。

        少し前までは指板のフレット溝も「手切り」で切ればいいと考えていましたが、機械の精度が零コンマ4桁まで設定している時代に手切れではとても敵いません。フレット音痴の楽器を作るわけにはいきませんので、指板フレット溝はNCでカットされたものを使います。

        (目印となる鉛筆線の右・中央・左と切り分ける自信はあるのです。しかし20フレット精度高く切り分けるのは大変な難作業ですよ。1本も少しのミスも許されないのです。製作家の一部が未だに手切りしている姿は美しいですが、時代的には遅れていると言えるのではないか。個人的にはアバウトな音楽でも楽しめるのですが、製作者サイドとしてはそれでは・・・)


        握りをサンプルでデータ確認しながら削っていきます。これは、ちょっと太めのネックで指板幅はワイドです。

        ボディと接着しています。この前にダブテールの仕込みがあるのですが、写真を残す余裕がなかったです。ネック仕込み角度とセンターズレがないようにヒール部の削りとトップ面の精度を出して行きます。

        トップはドーミングしてありアールがついていますが、指板面と接着される面は真っ直ぐでないといけません。ここの処理と構造はメーカーそれぞれですね。マーチンやテーラーは塗装後に接着するので、ここまでの過程は同じ(フレットは打ち込んである)だと思うのですが、指板を貼る前にボディとネックを仕込み、その後指板を貼る方法もあります。

        その際19フレット付近までトラスロッドが仕込めるような加工を施すこともできるし、ヒールより先に延長ブロックを付け足して指板下を強化しているメーカーもあります。

        トラスロッドの効く範囲を広めたり、ネック折れを防ぐために強化用に延長ブロックを入れているのでしょう。またロッド脇にカーボンや鉄材で補強したり、それぞれ工夫があります。

        当然音にも影響があります。弦振動のをジョイント部分でロスすることないようにしたいでが、ロッドなど金属は音にも金属的な響きが交じることが在りえます。ネック強度とナチュラルな響き関係はどちらかに偏らないようにしたいと私は考えます。

        ジョイント部のヒールブロックの大きさや指板下の強化は、サスティーンと倍音に関連していると思います。単音の切れを望むケースと倍音を多く含む音を好むケースでは、ここの処理が当然違ってくるでしょう。

        ---------------------------------------------------------------
        ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

        shop「スモークド乾燥済みSquier製Telecaster販売中」

        ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています



          にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
         
         FC2 Blog Ranking




        2013.11.28 Thursday

        ネック仕込みと塗装

        0

           ネック仕込みと塗装



          メーカーにいた時、ネックの仕込を「塗装前にするか」「塗装後にするか」の議題で熱くなったことを思い出しました。


          それは、マーチンのように(またはテーラーのように)ボディとネックを別々に塗装してから組み立てしブリッジを接着する方法をとるか、多くの日本のメーカーが採用している、ボディとネックを仕込んでから塗装し最後にブリッジを接着する方法がとるか、自作のアコギを作るに当って思い出したからです。


          この二つは、ネックを仕込んだ後では塗装が難しい、と言う点を考慮した結果で違いが現れています。


          ネックを仕込むと、ネック付近はエアーガンからの塗装が載り難くなり、結果ネック周りの塗装の仕上がりが悪くなるのです。ネック・ボディ別々で塗装を完成させ組み立てるやり方だとネック周りがスッキリし垢抜けて見えます。


          エアーガン塗装では、平面はきれいに塗れるのですが、そこに立体があると空気が渦を巻いてムラが出やすくなり、またサンディングでも際まできれいにするのが難しく、塗膜が盛り上がったりして仕上がりがいまいちなのです。


          (そんな理由でブリッジは、塗装後に塗膜を剥がして接着してますね。ここはマーチンも日本各社メーカーも同じです)


          では、なぜネックとボディを別々に塗装して組み立てない作り方があるのかと言いますと、
          ‥描まで仕上げてから組み立てると、傷やよごれがつきやすい。
          完成後では仕込み角度・センターずれの修正がしにくい。
          5蚕囘にこちらの方が難易度が高い。等々。
          が考えられます。


          つまり、塗装前に全体を完成するほうが作りやすいから多くのメーカーがこれを採用してる訳です。


          (これはメーカーや製作者の理屈で、ユーザーはどちらでもあまり関係ないと思われます。事実、メーカーの外ではそんな議論はいままで聞いたことがありません。)


          難易度の高い別々塗装後の組み立てですが、マーチンはネック仕込み角度に合うブリッジを何種類も用意して解決していると聞いていますし、テーラーは高性能マシーンでネックヒールとボディ側の受けを作って、組み立て後に調整可能にし解決しているようです。


          (この方法でのもうひとつの利点は、別々だと管理面では合理的であることも指摘できると思います。合理的なアメリカ人の手法ともいえます)


          (ギブソンはどうなのかな?ちなみにレスポールなどセットネックのエレキギターは、ネック・ボディ完成させて後に塗装しています。)



          さて、今回の私のやり方ですが、ネックの仕込を「塗装前にする」方法(全体を完成させてから塗装する)を取りました。


          その理由は、ネックを仕込んでから指板修正できるからです。指板面がまっすぐでないとフレットも同じ高さにならないですし、フレット打ちの時に「ネックをやや逆反りぎみにしてネック強度を上げる」テクニックも使えるからです。


          ただし、指板修正のとき気をつけないとハイポジ側の指板が薄くなってしまうから注意です。これは指板のアールがローポジションとハイポションが同じだと「円柱を扇形に切り抜く」ことになり発生する問題(ハイポジ側の指板が薄くなっているギターは多くあるのはこの理由です。)ですが、本来指板はローポジ(強いアール)とハイポジ(緩いアール)が違ってくる「円錐形を扇型に切り抜く」のが正解だからです。


          このやり方だと、ハイポジ側の指板が薄くなることもありません。それをイメージして指板修正を行なうのです。(ハイポジのチョーキングの音のつまりも解消されます)


          また、ネックだけ完成させる方法だとすでにフレットが打ち込まれていることになるので、14フレット以上はフレットが指板にくさび状に入っていることで反っていることになり、ボディとの接着が不利だと判断しました。


          (反対にネックを仕込んでから14フレット以上のフレットを打つのは難しく、ここは技術が必要になりますが)


          そんな理由で全体を完成してから塗装に入っています。最近はディタッチャブル・ネックのエレキ製作が多かったので、ネックつきギターの全体塗装は、取り回しが難儀だなぁと感じております。


          別々の方が塗装しやすいですね。


          ユーザーもダブテールジョイントでないとダメだ、と言われる率も減って来ています。だからボルトオン・ジョイントで14フレット以上も指板下に延長ブロックが入っているタイプなら、ネック・ボディ別々で仕上げる方法もありかな?と思ったりもしています。



          -----------------------------------------------------------------


          ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

          shop「スモークド乾燥済みSquier製Telecaster販売中」

          ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています

            にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
           
           FC2 Blog Ranking


          2013.11.13 Wednesday

          アコースティック・ギター製作 その3

          0
             アコギ製作記です。

            先週「私はこの中央の割れ止めはいらないんじゃないか、と思っています。」と書きましたが、(センターストリップスのこと)、修理で来たラリビー(Larrivee) の中を見たら、割れ止めがなかったです。正解!

            いろんなつくり方があって、どれが正解とは本当は言えませんが、たまたまラルビーと同じ考えでした。

            さて、こちらはバインディングを入れるための溝をハンド・トリマーで掘る準備をしています。バックにアーチが掛かっていますのでトリマープレートにも角度をつける必要があります。角度調整ができるマキタ製のトリマーを使用しました。

            この方法では正確な溝を掘るのは難しいのですが、今のところ仕方ないです。SMC(スチュアート・マクドナルド)などで、この溝を切る専用のジグが販売されていますが、優れモノです。サイトを開いては溜め息ついて感心しているのですが、自作できないか考えています。

            溝を掘った図。 ダブル・サウンドホールが見えていますね。

            こパテントの説明は依頼主から受けていますので、理論は理解しています。
            ただ実際に音の違いとしてどう現れてくるかに非常に興味があります。トップ振動が音になる時、音波がお互いに干渉し合って打ち消してしまうのを、防ぐ仕組みが組み込まれています。

            -------------------------------------------------------------

            ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています

              にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
             
             FC2 Blog Ranking
            2013.11.10 Sunday

            アコースティック・ギター製作 その2

            0
               アコギ製作の続きです。

              マーチン・ドレットノートタイプの型で製作しています。裏板はインド・ローズで力木は4本。下2本は背が低く太めのバック・ブレイシングになります。こんなに太くなくてもいいと思いますが、ここはセオリー通りに進め、また検証しましょう。

              センター・ストリップスはかまぼこ型のスプルース(横目)がセオリーですが、あえてメーカーで使っていたマホガニーの薄板にしました。これはね、アーヴィン・ソモジのギターが薄板を使っていたのを観たからなんです。

              私はこの中央の割れ止めはいらないんじゃないか、と思っています。裏板にアールをつけるので、補強材として横目の板を貼っているのですが、接着面が3ミリあれば「剥ぎ」は切れないと思いますよ(ちゃんとした仕事ならば)。これを入れないと合板のように思われるから、わざと入れているのです。

              リペアの仕事をしていて裏板の剥ぎが切れたことを見たことがありません。それは、センター・ストリップスが効いていた証拠と言えないこともありませんが、センター・ストリップス脇に沿って板が割れた事例はいくつか見ました。補強が強すぎでもダメージがある例です。裏板も軽く質量も均一にして、トップ振動に対して響きやすくする方にウエイトをおきたいです。


              トップの力木を作っています。おおまかに加工し接着したら、トップに接着後に はつって行きます。
              今回は依頼主の希望で、ノン・スキャロップです。力木のパターンと特許の細工はいつかまたアップします。


              接着しています。持ち合わせのクランプで圧着できるように「当て木」を工夫しました。外ラインに沿った「当て木」を合板で作り、クランプ跡が付かない様工夫しました。接着はスピードが命ですから、一度シュミレーションして、ボンドを塗って手際よくクランプ掛けして行きます。

              アコギ製作がエレキ製作との一番の違いは、材が華奢なことです。エレキはブロック材を扱うので少々荒くれていても大丈夫ですが、アコギにはダメージになりますからね。

              この鉄製のクランプは、質量がありますから気をつけないといけません。ウッド・クランプを使うといい理由は、ここにもあります。これから少しずつ数を増やして行きます。

              --------------------------------------------------------------------
              ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています


                にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
               
               FC2 Blog Ranking





               
              2013.08.29 Thursday

              アコースティック・ギター製作 その1

              0
                アコースティック・ギターの試作機の製作依頼を受けたので取り掛かりました。 
                入手したキットとメーカー時代に買ったパーツと手持ち材から、チョイスしてつくり上げていくつもり。仕様はドレッド・ノート。

                この際、型も新調しようと、まずはテンプレートをつくりました。これが基本になります。

                ベニヤをくり抜いて、丸いサンダーや反り鉋を使ってラインを調えます。これが案外手間なんです。流れるラインを手で出すのはむずかしい。昨今はレーザーやNCを使ってPCでできますが、個人工房は「手」がすべて。

                ランバーコア合板をバンドソーで仕上がり寸法より小さくくり抜いて、上のテンプレートをセットしてルターで倣い加工し、正確な寸法に上げます。
                手持ちルターに「パターンビット」と「フラシュトリムビット」を使ってテンプレートから厚い素材に型を写し取る技術が、型つくりの基本ですね。

                ネックとエンドブロックは厚みを持たせたブロックをつくり、そのほかは丸棒で上下の板を連結します。

                平らな面から型が垂直に立っているか、スコヤで確認しながら組み立てます。

                曲げたインドローズのサイドを型に入れ、ウエスト部につっぱり棒を入れて型に押し付け、ライナーを接着しています。木のクリップを使いましたが、やや締め付け力が不足しました。次回はこれをゴムで強化する必要がありそうです。

                ギターは外枠型を使うことが多いですが、内枠を利用してつくることもできます。ヴァイオリン属は内枠型を使用していますが、用意するクランプの種類などが違ってきます。

                内枠では簡単に自作できるクランプが使えるので、ギター製作時にどちらの型を作るか悩むところでもあります。製作にはそれなりのジグやテンプレートを用意したり、道具もそろえる必要があるので、どこにどれだけ予算を掛けるか、経営上考えてしまうのです。

                --------------------------------------------------------------------

                ギター工房9notes HPへどうぞ homeで「つぶやき」やってます。

                第2ブログ「よごれた顔でこんにちは。」もやってます

                にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                 
                 FC2 Blog Ranking
                Calendar
                    123
                45678910
                11121314151617
                18192021222324
                252627282930 
                << June 2017 >>
                Selected Entries
                Categories
                Archives
                Recommend
                Links
                Profile
                Search this site.
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered by
                30days Album
                無料ブログ作成サービス JUGEM