2019.05.22 Wednesday

リペア ファイル その539

0

    ふたつのSuzuki Violin / 古い「木曽鈴木」製のクラシックギターと「名古屋鈴木」製のクラシックギターのリペアをしました。親子というか兄弟のというか同じSuzuki を名乗るふたつのメーカーは、明治時代からヴァイオリンの量産をはじめた『鈴木政吉』の作った会社「鈴木バイオリン製造株式会社」が元になっています。政吉の息子の会社が「木曽鈴木」で、一方 子会社であった「恵那楽器」が製作したのが「名古屋鈴木」です。ややこしい・・・ともに濃尾平野で木曽川水系に位置します。

     

    左が「木曽鈴木」右が「名古屋鈴木」です。

      

     

    -------------------------------------------------------------

    木曽鈴木クラシックギター / サドル交換・ペグ交換・全体クリーニング

     

     

    弦高調整と音質向上のため「サドル」を牛骨製に交換しました。

      

     

    糸巻もガタが来ていましたので新品に交換しました(糸巻は消耗品とお考え下さい)

      

     

    オール合板製ですがいいころ具合に枯れていて、とても軽やかな音を奏でます。

      

     

    大きな傷もなく全体に経年変化をあるものの比較的いい状態です。

     

    ------------------------------------------------------------

    名古屋鈴木クラシックギター /  サドル交換・ペグ交換・全体クリーニング

     

     

    こちらもサドルを牛骨製に交換しました。

     

    糸巻も交換しました。そのため巻き上げがとてもスムーズです。

      

     

    オール合板製でサイド&バックはローズです。

      

     

    赤茶けた色が載せてあり「木曽鈴木」とは対照的な印象です。こちらも枯れたサウンドが心地よいです。

    木曽川水系には、多くのギターメーカーがかつて存在(KASUGA、S・yairi)し、今も存在(K・yairiもタカミネも寺田も星野(アイバニーズ)もそうです)しています。木曽鈴木は倒産後「ESP」がその場所で製造していました(今はない)。70年代はギターが飛ぶように売れた時代でこの地ではOEM生産も盛んでした。それができたのは「鈴木バイオリン」が名古屋にあったからだと私は推測しています。「鈴木」があった関係で木材商(アイチ製材)や問屋や関連会社が多くあったらからです。楽器製造に適した場所であったのですね。(同じことが明治時代創業の「ヤマハ」の地、浜松でもいえます)

     

    ----------------------------------------------

    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

    または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

     

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
      

     FC2 Blog

     

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

     

     

    2019.05.18 Saturday

    リペア ファイル その538

    0

      Gretsch G613IT-62VS  / ”スモークド乾燥”処理

       

      ハイスペックのグレッチギター。ホーローボディにTVジョーンズ製の”フィルタートロン”PUが搭載されています。ハンバッカーPUなれど低出力でクリーンなサウンドを醸し出します。とてもいいギターですが、少し「若い音」でした。この件で”スモークド乾燥”処理を依頼されたのでしょう。依頼される多くは、この楽器の本来のクオリティーはもっとあるんじゃないか?という期待からだと思います。それにお応えするひとつの答えが”スモークド乾燥”です。

      ギターはアコースティックギター・エレクトリックギター共に本体(ネック・ボディ)の”鳴り”が出音に影響されます。弦振動の伝達の密度や濃度が出力に影響されるのです。”燻煙”の作用が木部の細胞内に変化をもたらし振動能率を改善します。

       

      乾燥庫に入れたグレッチ。窯から出る煙が乾燥庫に充満します。その際に若干火の粉も飛ぶのでギターに網掛けしています。

       

      袋から取り出したカット。油分・ヤニなどが袋に付着しています。煙とともに熱も加わるのでほんの少し焼け色が付きます。

        

       

      本体(ボディ・ネック)にも少しヤニが付きますので、それをエチルアルコールで拭き取るときれいになります。

       

      ヤニを取ったらバフで磨き上げます。”スモーク”する前に電装系を外した際に ポットに番号を振って起きました。その順番に従い組直して行きます。グレッチは特殊なスイッチが多いので間違えないように・・・

        

      セミアコは内部に手が届かないので組み直しに手間取ることしばし。痒いところに手が届かない感じです。

       

      ゼロフレットを採用しています。

        

      マスターボリュームが右肩にあるのは便利ですね。一方トーンコントロールは左肩にある3wayスイッチでキャパシティーの容量で変化を付けるプリセット型となっています。右下の3wayスイッチはスタンバイスイッチなるもので、センターにすると出力しない仕組み。

       

      ハンバッカーPUですが、サウンドはシングルに近いですね。STシングルともP90とも違う”フィルタートロン”独特のサウンドは、グレッチギターのカラーを特徴付けています。

        

       

      ”スモークド乾燥”処理により生音がアップ。また音の立ち上がり、音の深み(倍音構成の改善)が増してます。枯れたサウンドではなく弾き込んで”鳴り出した”音だと想像していただけますか。

      ”スモーク”の匂いが残りますが、タバコの臭いとは質が違い”スモークドハム”や”スモークドサーモン”の匂いに近いです。半年くらいでほとんど消えますが、これだけはご容赦ください。

       

      -------------------------------------------

      お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

      または 080-2660-2284 まで

       

      9notes ホームページ


      ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

      スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

       

      *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
        

       FC2 Blog

       

      NINJA TOOLS

      NINJA TOOLS

      NINJA TOOLS

      NINJA TOOLS

       

      2019.05.14 Tuesday

      リペア ファイル その537

      0

        ギブソン J−160E  / カスタムゼロワン加工・ナット交換・フレットすり合わせ・ペグ交換・電装系チェック

         

        以前『ヤマハ FG-250S』にシンクロナイズド・トレモロ・ブリッジを搭載した改造(カスタムゼロワン加工)したギターをメインに使ってバンド活動してくださるギタリスト(ECOband)が、お持ちの『ギブソンJ−160E』も改造を希望されました。

        ビートルズがエレアコとして使った『160E』は15Fジョイントだったりラダーブレイシングだったり、Dタイプのアコギとは若干仕様が違いましたが、改造に挑みました。

         

        使い込んで味が出ているサンバーストの『J−160E』。P−90が搭載されています。ブリッジサドルはアジャスタブルタイプなので改造にはアンカー・スタッドを抜く必要があります。

          

         

        アーミングがスムーズになるようにフレットの精度を上げることに。「フレットすり合わせ」をします。フレットピークを整えたら専用ファイルで再び頂点を切り出して磨いておきます。

          

         

        ナットも牛骨に交換しました。

         

        糸巻(ペグ)はロック式のペグに交換。”スパーゼル”のロックペグを取り付けました。

          

         

        少しノイズが出たP−90ピックアップをバラシてシールドしました。ポットもクリーニングしてアウトプットジャックは新品に交換しました。この改造に伴いアコギ用のマグネットPU/LRバックス・M1アクティブも取り付けましたが、出力は別々しました。

          

        弦はエレキ用のニッケル弦のヘビーゲージ(012−052)を張り、エレキ・PU出力とアコギ・マグネットPU出力同時に鳴らすことができます。その際に各PUのホールピースを上げ下げし調整して、ニッケル弦に合ういい出力バランス出力を探しました。

         

        シンクロナイズド・トレモロ装着。裏側はシースルー素材の蓋をして弦交換がしやすいようにしてあります(マグネット式で外すこともできます)。スプリングの力は、トップに掛からずサイドに逃げるような内部構造です。”実用新案”取得済み。

          

         

        完成。こんなギブソン、世界に一台しかないでしょう。

          

         

        オーナーはこの改造によって生み出すサウンドをよく理解してもらっていて、アコギともエレキとも呼べない独特な音をうまくご自身の演奏スタイルに生かしておられます。(ファーストCDを頂いたので拝聴したら、まさにカスタムゼロワンの音がしていました!)

          

        こんなコメントを頂きました。

        「ギター側のアウトプットをアコ用とエレキ用に別にしてもらったので、アコアンプ2台(ステレオで使用)を鳴らしながらボリュームペダルの調整でエレキアンプからも同時出力で3台鳴らしてビックリするぐらいのアコースティックギターでは考えられないぐらいの迫力です」

         

        -----------------------------------------

        お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

        または 080-2660-2284 まで

         

        9notes ホームページ


        ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

        homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

        スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

         

        *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

        にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
          

         FC2 Blog

         

        NINJA TOOLS

        NINJA TOOLS

        NINJA TOOLS

        NINJA TOOLS

         

         

        2019.05.10 Friday

        リペア ファイル その536

        0

          Gernot Wagner 2004  /  全体調整

           

          ゲルノット・ワグナー製作の”ダブルトップ”ギターの調整を行いました。ご存知、ワグナーはマティアス・ダマンとともにNomex®をはさんだサンドイッチ構造の”ダブルトップ”ギターを考案した本人です。1996年に完成させたとネット情報で知りましたが、瞬く間に世界中で”ダブルトップ”ギターの素晴らしさを感じたギタリストによってこの作り方が浸透し、普及したと思います。まさに革命!

            

           

          このギターをリポートしましょう。表はシダー(杉)のダブルトップ。サイド&バックはハカランダだと思われます。柾目材の良品です。ドイツで”マイスター(親方)”を取得できたほど作りの腕前は確かなものでした。

            

          マティアス・ダマンもいい作りでしたが、この二人は甲乙つけ難い完成度です。

           

          サイドモニター用のホールが開いています。ブリッジもハカランダ製で弦通し穴は”ダブルホール”仕様です。

            

           

          ヘッド。ネックの接ぎ方はドイツの伝統的来な方法ですが、その精度の高さは同じ職人としてほれぼれするレベルです。ペグも最高級品です。

            

           

          ネックジョイント部はレイズドフィンガーボード仕様でハイポジションの演奏性能向上と弦振動の効率化のため採用されていると思います。ロゼットはシンプルながら洗練されていますね。(見た目は大きな特徴ななく派手さもない古典的な仕様です)

            

           

          内部も覗いてみました。細いファンブレイスでしたが、力木の恰好が舟底の先端部のような流線形になっており軽量化からのデザインかと思いました。サイドの割れ止めはクビレ部で支柱のような構造になっていました。カーフリング上下とも溝がないスタイルで、内部は塗装が施されています。

            

           

          内部からライトでダブルトップ構造を透けて見よとうとしましたが、表側に透けて見えませんでした。ということは案外無垢板が上下とも厚め(ダマンは透けて見えた)だと思われます。しかしながらそのトップ反応はすばらしく、弦をつま弾かなくても話声にさえトップが反応し振動してしまうほどでした。

          修理の際にダブルトップの生みの親が作ったギターを観察/研究させてもらい、ますますその奥深さに はまった感じであります。

           

          クラシックギター修理 インデックス http://blog.9notes.org/?eid=648

          ------------------------------------------

          お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

          または 080-2660-2284 まで

           

          9notes ホームページ


          ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

          homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

          スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

           

          *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

          にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
            

           FC2 Blog

           

          NINJA TOOLS

          NINJA TOOLS

          NINJA TOOLS

          NINJA TOOLS

           

           

          2019.05.05 Sunday

          リペア ファイル その535

          0

            ギブソン LPカスタム’90 /   タッチアップ塗装・フレットすり合わせ

             

            先回の’80レスポールカスタムに続いて'90のヘッドのタッチアップ塗装を行いました。この個体はくすんだオレンジ色が載っていてとても渋いのですが、その色合わせに難儀しました。

             

            破損したヘッド右肩に、すでに新たなバインディングが接着されていたので、その部分を全体のトーンに合わせて「部分色合わせ」します。(同じようなバインディング素材に試し塗りを繰り返し色合わせを確認してから、本体のタッチアップにのぞみます)

              

             

            部分タッチアップが定着するようにクリアーを載せています。ただしあくまでオリジナルに沿うように自然に自然に・・・

             

            完成。   (ラッカー塗料をもっと自由自在・変幻自在に使えたらと思う次第です)

             

            ネックにやや難があったので修正します。すでにフレットをオーバーバインディングで打ち直してありましたが、指板調整に無理があったのとフレット浮きが見受けられました。「フレット浮き」を修正してからフレットピークでストレートが出るように「フレットすり合わせ」を行いました。

              

            フレットピークで直進性が出た後、台形になったフレットピークを半丸ヤスリやZファイルを使って頂点を再び切り出してから、

             

            粗い番手から細かい番手までの番手違いのペーパーを各種使いフレットを磨き上げて行きます。最終的にはピカピカに仕上げます。

              

            フレットピークに波があると「音詰まり」や「ビビり」の原因になります。特にチョーキングした際に音が消えるようでは、フレットピークが不揃いであると考えていいでしょう。

             

            貫禄のレスポールカスタム。先回HM系のギタリスト御用達とリポートしましたが、ひと昔前ならキース・リチャーズとか鮎川誠の名が浮かんでくる“ブルージーなロックギター”だと覚えておいてください。

            (ひと昔と書いてしまいましたが、70代のブルースマン・キースも鮎川もまだまだ現役ですから・・)

             

            ギブソンギター修理 インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=631

             

            --------------------------------------------

            お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

            または 080-2660-2284 まで

             

            9notes ホームページ


            ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

            homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

            スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

             

            *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

            にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
              

             FC2 Blog

             

            NINJA TOOLS

            NINJA TOOLS

            NINJA TOOLS

             

             

            2019.04.30 Tuesday

            リペア ファイル その534

            0

              ギブソン LPカスタム’80  / ヘッド欠け・接着・バインディング巻き・タッチアップ塗装

               

              ”ブラックビューティー”レスポールカスタムはぶっとい音がするけど、重い。そのため何かのきっかけでぶつけると、大きく破損することが多いです。特にヘッドはやられる可能性が大で、この楽器は角が取れてしまってました。

               

              破損個所。取れたピースはおおかた保存されていました。こうであれば修復しやすいです。

                

              ただバインディングは失われていたので作り直さないといけません。

               

              LPカスタムはゴージャスな作りなのでバインディングも複線です。同じような素材からオリジナルに似せて足して行きます。側面をくっつけたら、ヘッドの角の部分を留め(45°)に加工して、頭の部分もそこに合うように加工します。(と簡単に書きましたが、数ミリのピースを合うように作るのは難儀しました・・・予定時間を完全にオーバー)

                

               

              なんとかピッタリ合ってくれました。バインディングには古いオリジナルに合わせて着色してから、側面には黒色を吹き付けて、補修した部分にタッチアップ塗装でクリアーを吹き付けました。

                

               

              完成。古く見せたいのでピカピカにはしないように・・しました。

                

               

              ブラックカラーにはゴールドパーツは似合いますね。LPカスタムは基本的に”マホガニー”で作られていますが、軽いマホガニーでなく重いマホガニーを敢えて使用していると思われます。(軽いのはヒスコレなどに使うんじゃないかな)

                

              ギターは重い方がレンジが広くなる傾向があり、重低音は重くないと表現できないでしょう。そのためローを重視するヘビメタ系にLPカスタムが使われることに納得。

               

              ギブソンギター修理 インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=631

              ------------------------------------------------

              お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

              または 080-2660-2284 まで

               

              9notes ホームページ


              ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

              homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

              スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

               

              *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

              にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                

               FC2 Blog

               

              NINJA TOOLS

              NINJA TOOLS

               

               

               

              2019.04.26 Friday

              リペア ファイル その533

              0

                Maruha F-120M  /  ・サドル交換(弦高調整)・ナット交換・指板・全体クリーニング・糸巻交換工賃

                 

                「幻のギター」とも呼ばれている国産マルハ製のフォークタイプギター(OMサイズ)。これを当工房設立当初からお世話になっているからshopからリペアを託されました。アコギ・クラギには精通されているのでこちらも何かと勉強になっています。このマルハもそうです。

                 

                糸巻(ペグ)が経年変化でガタが来ていたので、ロトマチック式のペグに交換しました。糸巻は消耗品とお考え下さい。

                  

                ”Maruha ”のM字のロゴにト音記号(🎼)が入っていますね。

                 

                サドルを牛骨に交換。サドル溝にピッタリに成型したらゲージで高さを決めます。ブリッジピン穴が丸く開いていただけなので、これではピンを引き抜くいですから、

                  

                面をとっておきます(1〜3弦まで面取ったカット)

                 

                ブリッジの弦用の溝が切ってなかったので専用のブレードを使って切っています。その後、低くなったサドルまで弦の誘導溝をブリッジ上面にトリマーで加工しておきます。

                  

                このような作業でサドルへテンションが掛けることができるようになります。

                 

                ナットも牛骨で新調。依頼主によるとマルハのギターは0フレット仕様が定番なので、それがないこの楽器は珍しいとのこと。

                  

                 

                全体をクリーニングして小ぎれいになりました。ネックの状態が良い個体でしたのでストレスなしに演奏に入っていけます。古い日本製のギターは『弦高が高い』ことが多いので、ネックの”順反り”がひどくない楽器は再生の可能性が大です。(費用があまりかからないという点で)

                  

                 

                その出音は乾いて軽やかで演奏が楽しくなるものでした。「名器」と呼ばれるメーカー・銘柄でも”手を入れてなんぼ”です。あなたの周りにある「名器」をメンテナンスとリペアで復活させてください。その音にきっと驚かれますよ。

                 

                ----------------------------------------

                お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

                または 080-2660-2284 まで

                 

                9notes ホームページ


                ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

                homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

                 

                *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

                にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                  

                 FC2 Blog

                 

                NINJA TOOLS

                NINJA TOOLS

                 

                 

                 

                2019.04.20 Saturday

                リペア ファイル その532

                0

                  マーチン D−28 / バインディング剥がれ・ピックガード作製・交換

                   

                  しばらくぶりにギターケースを開けてみたら、ピックガードがズレてバインディングは剥がれていたそうです。湿度か熱かで木部が動いたりセルが縮んだりして、こうなったと思われます。こういう事例はときどきありますね。

                   

                  ピックガードは一回り大きいものを新規に作製。日焼け痕がラインを残しているのでそれに倣って作りました。

                    

                  (ピックガードの作製は簡単なようですが、きっちり作るとなるとそれなりに手間と時間がかかります。http://9notes.jugem.jp/?eid=780

                   

                  ピックガードは黒の塩ビ製です。

                   

                  裏板側のセル製のバインディングが3か所外れていました。こういうケースでは両腰のところが外れますね。片側はそのまま引っ張手も戻らないほど縮んでいたので、途中でバインディングをカットしてから接着します。

                    

                   

                  接着剤を入れてバインディング用のテープで押さえてから型木で全体をクランピングします。そのまま一晩固定。

                   

                  カットして短くなって隙間ができたバインディングは、同じ素材をそこに合うように切り揃えて詰めて接着します。

                    

                   

                  バインディングとバック本体の目違いをはらってから細かいペーパーで磨いておき、バフで磨き上げたら完成!

                    

                  (このような作業を合計3か所行っています)

                   

                  ”28(ニッパチ)”に使われるローズは柾目のいいモノが標準装備されています。こんな芸当が出来るのはマーチン社だけでしょう。世界的にローズ規制(ワシントン条約)が行われている中でどこまで持ちこたえられるか。歴史がある会社なので買付の独自ルートを持っているかも知れません。

                    

                   

                  最近は板目の変わった杢をサイド&バックに使うのが流行していますが、板目は反るものなので将来 力木が外れることも考えられます。ましてや白太(しらた:木部の周辺部で養分や水分が多いため腐りやすく弱い)をブックマッチの中央で剥ぐのは、木工では御法度なんですがこれも流行っています。うーん。

                  ローズに代表される有限な天然素材・希少木材を末永く使っていくために、制作にかかわるそれぞれが知恵を出し合って守っていきたいです。

                   

                  関連ブログ:マーチンギター修理インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=307

                  ------------------------------------------------------

                  お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

                  または 080-2660-2284 まで

                   

                  9notes ホームページ


                  ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

                  homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                  スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

                   

                  *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

                  にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                    

                   FC2 Blog

                   

                  NINJA TOOLS

                  NINJA TOOLS

                   

                   

                  2019.04.16 Tuesday

                  リペア ファイル その531

                  0

                    フェンダーJAPAN・テレキャスター /  フレット交換(リフレット)・ナット交換・指板塗・リアPU交換

                     

                    メイプル指板のリフレットは、指板面への塗装作業が伴います。その際、ヘッドやネック裏の塗装の焼け色あるいは着色してある指板・ネックの色とサンディングして白っぽくなった指板面の色合わせが、リフレットのミソとなります。

                     

                    フレットを抜き去って指板調整しています。塗装面を削り落とした後、メイプル指板の長て方向のストレート性と指板のアールを定規を使い確認しながら削っています。

                      

                     

                    指板のアールに合わせてフレットにも専用道具を使いアールを付けてから一本一本打ち込んで行きます。(フレットの脚/タングも調整しながらの打ち込みでネックの剛性アップを計っています)

                     

                    塗装です。ヘッドとの色合わせをしながらアンバー系の色で着色しています。色合わせが終わったらに肉付けするためサンディグシーラーを重ね、最後はクリアーを載せて仕上げます。

                     

                    フレットピークを整えるため「すり合わせ」します。同時にフレットに載った塗装も剥がします。(フレットに塗装が載ったままだとミュートしたような音になってしまいます)

                      

                    専用ファイルでフレットに丸みを付けた後、フレットをペーパー各種で磨きあげて行きます。

                     

                    完成!

                      

                    メイプル指板のリフレットは、塗装込みになるので若干作業代金が高めの設定になっています。(ローズ指板より維持費がかかることを理解したうえで、メイプル指板のギターを購入されるといいかと思います)

                     

                    ナットも交換してあります。

                      

                     

                    リアピックアップもシングル形状のダンカンのHM(JBモデル)に載せ替えました。これでフロント・リアともHMでポジションによる音量差も解消されたことでしょう。フロントHMでリアシングルだとフロントの音量が大きくなってしまいがちですからね。

                      

                    それでもかつてはキース・リチャーズとかアンディ・サマーズはうまく使いこなしていましたが・・・ジェフベックはPAFを2機載せたテレキャスター・通称『テレギブ』を愛用していたこともありますね。本機はこれに近いように思います。(相変わらず私のコメントは古いな・・・)

                     

                    ------------------------------------------------------------

                    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

                    または 080-2660-2284 まで

                     

                    9notes ホームページ


                    ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

                    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

                     

                    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

                    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                      

                     FC2 Blog

                     

                    NINJA TOOLS

                    NINJA TOOLS

                     

                     

                    2019.04.12 Friday

                    リペア ファイル その530

                    0

                      ヤマハ SF3000  /  ポット交換

                       

                      現役のジャパンビンテージ ”ヤマハSF3000”です。’80年代製だというこのタイプは私も初めて見ました。オーナーはいろんなギターをお持ちですが、使いやすさからずっとこれをメインにして来たとのこと。本機に代わってお礼を言いたいくらいです。

                       

                      ヴォリュームポットが耐久年数を超えたのでしょうポストが抜けてしまいました。ポットを交換しました。国産ポットから米国製CTS社のミリタイプのを取り寄せてポット交換しました。(通常のCTS/インチサイズだとノブが入らなくなるので)

                        

                       

                      トーンポットは2段式(on-on)になっていて、PUがシングル⇔ハムバッカーの切り替え(コイルタップ)ができるようになっていました。

                        

                       

                      ついでにジャックもクリーンナップしておきました。アウトプットジャック本体は国産の高級品が使われています。

                        

                      プレートはボディのアールに合わせて曲げてあります。芸が細かい!

                       

                      ヤマハが開発したシンクロタイプのトレモロユニットは、アームの差し込み位置がサドルより後ろにあるため微妙なアーミングがやりにくいとのこと。本家のフェンダー品に軍配が上がりそうです。

                        

                       

                      1PU/1V/1Tのシンプルな設定。リア一発でOKなプレーヤーはこれで十分だとか。(これにシングルとハムの切り替えができれば、どんな楽曲でも対応できるのでしょう)

                       

                       

                      ヘッドデザインははSGと共通ですね。大きな傷もなく大切に弾かれた来たチェリーサンバーストのSF3000、30年以上弾き込むとPUも材木も自然と枯れて来て温かな音です。音楽的な表現力も増しているように感じます。

                        

                      国産ヴィンテージは、海外でも人気が出てきて流出している様子です。基本設計がしっかりしているメーカー品は、どこへ行っても通用すると思いますが、できれば国内で評価されて使われるようになるといいですね。

                       

                      -------------------------------------------------------------

                      お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

                      または 080-2660-2284 まで

                       

                      9notes ホームページ


                      ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

                      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                      スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

                       

                      *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

                      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                        

                       FC2 Blog

                       

                      NINJA TOOLS

                      NINJA TOOLS

                       

                       

                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM